多世代・次世代育成居住支援(多世代近居同居助成・次世代育成転居助成)

[概要]

(1)多世代近居同居助成:
多世代近居・同居を推進し、互いに支え合える安全安心な居住地確保を目的とし、子世帯とその親世帯を対象に、住替えに係る初期費用の一部を助成します。

(2)次世代育成転居助成:
子育て世帯を対象に、住環境の改善及び世帯構成の変化に対応し区内での居住支援を目的とし、住替えに係る移転費用及び家賃差額の一部を助成する制度です。

[支給内容]

(1)多世代近居同居助成:
子世帯とその親世帯が、区内で新たに近居・同居を開始する際の、初期費用の一部(上限:複数世帯20万円、単身世帯10万円)

(2)次世代育成転居助成:
義務教育修了前の児童を扶養する子育て世帯が、区内民間賃貸住宅に住み替える場合の上昇分家賃差額(上限:月額3万5000円、最長2年間)及び引越し費用の一部(上限:10万円)

[対象者]

(1)多世代近居同居助成:
区内で新たに近居・同居予定の子世帯又はその親世帯のうち、転入または転居する世帯

(2)次世代育成転居助成:
区内民間賃貸住宅へ転居を予定し、義務教育修了前の児童を扶養している子育て世帯

※ 対象住宅の要件、所得要件、その他要件等詳細は、新宿区ホームページをご覧ください

[申請できる人]

世帯主又はその配偶者

[申請期日]

1年を3期に分割し受付

※1 助成世帯数に限りがございます。
申請する前に、住宅課居住支援係にご確認ください
※2 助成を受けるためには、賃貸借契約等を結ぶ前に、予定登録申請を行う必要があります(契約締結後や引越し後は不可)
※3 各期、予定数に達した時点で受付終了
※この事業は平成30年6月から募集を開始する予定です。

子育て応援情報

「はっぴー子育て」をシェアしよう
  • つぶやく